日時  2020年3月28日(土)13:00~15:00

場所  富山市婦中ふれあい館 大研修室

(富山市婦中町砂子田11  TEL076−465−3113

 

この会場が終わり次第、15:30〜「生徒指導&特別支援教育会場」を行います♪

 

第1講座 子供を動かす指示のポイントは

                            「○○の行動まで示してから動かす」ことだ!

 4月の学級集団は、まだまとまっておらずバラバラの状態です。そんな子供達を動かすには、明確な指示が必要です。さらに、自主的に動くようにするには、2つのポイントがあります。そのポイントをお話しします。

 

第2講座 学級崩壊からの生還!学びを続ければ、成長できた事例を紹介!

 若い頃、学級崩壊をした経験は誰でもあるはずです。しかし、学びを続ければ、誰でも学級崩壊から生還できます。また、より良い学級経営ができるようになります。そんな事例を紹介いたします。

 

第3講座 出会った瞬間から信頼関係を作る!

                                           「教えて、ほめる」学級経営術! 

 4月の出会いの場面でも、指示を出しても動かない子供達がいます。しかし、丁寧に教えてあげれば、子供は行動します。さらに、ほめてあげれば信頼関係ができ、次の指示でも動いてくれるようになります。そのような学級経営術をご紹介いたします。

 

第4講座 同僚との信頼関係を作る仕事術とコミュニケーション術!

 新学期にどんな学年の先生たちと一緒に組むことになるかは、私たちにとって大切なことです。しかし、ちょっとしたコツを知っていれば、どんな同僚の先生ともある程度上手くコミュニケーションを取ることができます。そんな技をご紹介いたします。

 

第5講座 特別支援を要する子供を担任する前に準備すること

 特別支援教育の視点を持つことは、もはや教育界の常識になりつつあります。教室に、5、6人、特別支援を要する子供がいるのも珍しくありません。そんな子供に、4月から対応する術と、準備の方法をお伝えします。

 

第6講座 なぜその行動をするのかを伝えるから、

  子供は納得して行動するようになる。「授業の原則10か条」を使った学級経営術!

 向山洋一氏が提唱した「授業の原則10か条」は、授業だけのものではありません。指示を出すときも、子供を動かすときにも有効です。そんな学級経営における、授業の原則10か条の使い方をお伝えします。

 

第7講座 質問がある人は上達します!!QAタイム★

 

15001505 事務連絡   

  

お申し込みは以下から!

https://ssl.form-mailer.jp/fms/4760b754484737

 

お問い合わせはwt7qefyw2@yahoo.co.jpまでご連絡ください。